定款と認証について

会社を設立する際に必ず必要となる重要な書類の1つが定款です。  

定款とは、建物でいえば基本設計図、国でいえば憲法のようなもので、会社の基本的成立ちについて記載されているものです。 

定款の作成には通常紙を使用する方法と、もうひとつ別の方法としてITを利用した電子定款があります。 

また、定款は必ず公証役場というところで公証人の認証を受ける必要があります。
それぞれの場合の公証人の認証を受けるためにかかる費用は、 次のようになります。

 紙の定款の場合
(お客様自身でされる場合)
電子定款の場合
(当センターの場合)
定款認証手数料¥50,000¥50,000
定款に貼る印紙代¥40,000¥0
定款作成費合計¥90,000¥50,000

電子定款の場合、紙に掛かる印紙代が不要になるため、なんと¥40,000も節約できるのです!

電子定款認証とは?

2004年3月、それまで紙ベースの定款しか認められていなかったものがIT化に対応し、フロッピーディスクのような電子媒体でも認証を受けられるようになりました。 

電子署名を用いて電子定款を作成し、電子媒体で認証を受ければ、上記しましたように紙を使用しないので、紙に対してかかる印紙代¥40,000が不要になり¥50,000で済みます。

パソコン     USBメモリー

電子定款を作るには?

上記説明から皆さんは、電子定款をご自身で作って、認証を取得することをお考えかもしれません。 

しかし、電子定款を作成して認証を受けるためには、次のようなものを準備しなくてはなりません。               
[check]ワードのような文書作成用ソフト
[check]PDFファイル作成ソフト
[check]電子署名作成用ソフト
[check]電子証明書取得

準備費用として約¥100,000と準備期間として電子証明書の取得に約1ヶ月ほど掛かってしまいます。 

これでは、せっかく印紙代¥40,000節約できたとしても元も子もありませんよね!

ご相談、お問合わせはこちらから

会社設立について事前に確認しておきたいことや、ご不安やご質問のある方は、下記よりお気軽にお問合わせください。 

お問合せは無料です。

ご相談ください

お気軽にご相談ください

048-795-4000
受付時間 : 平日 8:30~19:00
休 日:土日祝

お問合せ

なお、面談によるご相談は、事務所を不在にしている場合や、接客中の場合がありますので、事前のご予約をお勧めしています。

ご理解とご協力をお願いいたします。

a:1148 t:1 y:0